カテゴリ: どうすりゃいいんだ

    IMG_8951

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)22:48:14 ID:Xgs
    本拠地、西武ドームで迎えたソフトバンク戦
    先発ウルフが大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「来年はBクラスだな」の声
    無言で帰り始める選手達の中、昨年の優勝監督辻は独りベンチで泣いていた
    ペナントレースで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
    それを今の西武で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」辻は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、辻ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰ってドラフトの準備をしなくちゃな」辻は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、辻はふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出した辻が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにライオンズの応援歌が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする辻の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ハツヒコ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った辻は目を疑った
    「い・・・石毛さん?」  「なんだ辻さん、居眠りでもしてたのか?」
    「わ・・・渡辺GM?」  「なんだ辻さん、かってに渡辺さんを引退させやがって」
    「秋山・・・」  辻は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:辻 2番:平野 3番:秋山 4番:清原 5番:デストラーデ 6番:内川 7番:石毛 8番:伊東 9番:田辺
    暫時、唖然としていた辻だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    工藤からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する辻、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている辻が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    引用元: 辻「どうすりゃいいんだ・・・」

    続きを読む

    IMG_8933

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/21(日)23:28:16 ID:79M
    本拠地、メットライフドームで迎えたクライマックスシリーズ・ソフトバンク戦
    先発ウルフが大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「所詮山賊は山賊だな」の声
    無言で帰り始める選手達の中、パ・リーグ優勝監督 辻発彦は独りセレモニーで泣いていた
    リーグ優勝で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる山賊たち・・・
    それを今の西武で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」辻は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、辻ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰ってドラフト対策をしなくちゃな」辻は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、辻はふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出した辻が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように「地平を駈ける獅子を見た」が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする辻の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「発彦、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った辻は目を疑った
    「石毛さん・・・どうしてここに?」  「辻さん、居眠りでもしてたんですか?」
    「ナベQ?いつの間にフサフサになってるんだ!?」  「なんだ辻、生え際ばっかり見つめて」
    「森監督・・・」  辻は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:辻 2番:平野 3番:秋山 4番:■■ 5番:デストラーデ 6番:石毛 7番:内川 8番:伊東 9番:田辺
    暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    奈良原からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている■■が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    引用元: 辻監督「どうすりゃいいんだ・・・」

    続きを読む

    IMG_8848

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/18(木)23:08:04 ID:jyF
    本拠地、民間調査で迎えた魅力度ランキング
    先発アンケートが大量失点、地元アピールも勢いを見せず惨敗だった
    県内に響く県民のため息、どこからか聞こえる「引っ越そうかな」の声
    無言で引っ越し始める県民達の中、6年連続最下位の茨城は独りベンチで泣いていた
    水戸黄門で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
    それを今の茨城で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」茨城は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、茨城ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って栃木を吸収しなくちゃな」茨城は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、茨城はふと気付いた

    「あれ・・・?観光客がいる・・・?」
    ベンチから飛び出した茨城が目にしたのは、千葉県まで埋めつくさんばかりの観光客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように茨城の県歌が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする茨城の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「イバラキ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った内川は目を疑った
    「つ・・・つくばさん?」  「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」
    「か・・・霞ケ浦町コーチ?」  「なんだ茨城、かってに霞ヶ浦町を引退させやがって」
    「水戸光圀さん・・・」  内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:ガルパン 2番:納豆 3番:偕楽園 4番:水戸黄門 5番:牛久大仏 6番:内川 7番:袋田の滝 8番:宇宙センター  9番:佐竹氏
    暫時、唖然としていた茨城だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    あんこうからグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する茨城、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている茨城が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    引用元: 茨城「どうすりゃいいんだ・・・」

    続きを読む

    IMG_8436

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/06(土)01:03:01 ID:yZi
    2軍本拠地、鳴尾浜球場で迎えた巨人戦
    1軍ではわずか5安打、かつての栄光も影を潜めていた
    球場に響くファンの野次、どこからか聞こえる「戦力外やね」の声
    日本一に燃えるベンチの中、金塊こと西岡剛は一人泣いていた
    ロッテ時代で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト…
    それを今の阪神で得ることは殆ど不可能だった
    「どうすりゃいいんだ…」西岡は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、西岡ははっと目覚めた
    どうやら泣きつかれて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って引退のスピーチ原稿書かなきゃな」西岡は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、西岡はふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出した西岡が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにWE LOVE MARINESが響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする西岡の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「剛、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った西岡は目を疑った
    「お…大松?」
    「なんだTSUYOSHI、居眠りでもしてたのか?」
    「井口監督…?」
    「なんだ西岡、勝手に井口さんを引退させやがって」
    「成瀬さん…」西岡は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:西岡 2番:荻野 3番:井口 4番:金泰均 5番:大松 6番:内川 7番:福浦 8番:里崎 9番:今江
    暫時、唖然としていた西岡だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんや!」
    岡田からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する西岡、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている西岡が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    引用元: 西岡剛「どうすりゃいいんだ…」

    続きを読む

    IMG_8430

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/05(金)22:15:33 ID:j7F
    敵地、甲子園で迎えた中日戦
    先発小野が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年も地獄だな」の声
    無言で帰り始める選手達の中、昨年の2位の監督金本は独りベンチで泣いていた
    現役時代で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
    それを今の阪神で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」金本は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、金本ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰ってCS対策をしなくちゃな」金本は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、金本はふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出した金本が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように六甲おろしが響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする金本の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「トモアキ、守備練習だ、早く行くウホ」声の方に振り返った金本は目を疑った
    「じ・・・城島?」  「なんだカタ、居眠りでもしてたのか?」
    「お前は・・・誰や?」  「ウホウホウホ、ウホッホホウホホホ」
    「ウホホ・・・?」  金本は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:ウホ=ホ・ホ・ホ 2番:ドンクライ(泣くのはおよし)・ゴリラ 3番:Gorilla gorilla(ネイティヴ・ダンス) 4番: ???(動物界脊椎動物門脊椎動物亜門哺乳網サル目真猿亜目峡鼻下目ヒト上科ヒト属ヒト種 金本)
     5番:城島健司 6番:内川 7番:スーパー・ゴリラ・キャッスル 8番:おさるのジョージ 9番:ゴリラはゴリラでもゴリゴリなゴリラってバ~ナナ?
    暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てるわね・・・勝てるわ!」
    鳥谷からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する金本、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている金本が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    引用元: 金本「どうすりゃいいのよ・・・」

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ