カテゴリ: どうすりゃいいんだ

    IMG_5471

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/14(木)20:21:43 ID:v16
    本拠地、中小企業で迎えた新プロジェクト
    先発課長が大量失点、営業も勢いを見せず惨敗だった
    社内に響くのため息、どこからか聞こえる「今日も定時ダッシュ!」の声
    無言で帰り始める社員達の中、歴戦の社長は独りオフィスで泣いていた
    ブラック経営で手にした、休日出勤、飲み会、そして何よりやりがいを持ってくれる新入社員。
    それを今の時代で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」社長は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、社長ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい机の感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って警察の相手をしなくちゃな」社長は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、社長はふと気付いた

    「あれ・・・?社員・・・?」
    ベンチから飛び出した社長が目にしたのは、会社の外まで埋めつくさんばかりの社員だった
    千切れそうなほどに腕が振られ、地鳴りのようにキーボードの音が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする社長の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「社長!僕は給料は入りません!タダでやらせてください!」声の方に振り返った内川は目を疑った
    「す・・・部長!」  「おいお前ら!明日は俺の家で親睦を深めるぞ!」
    「こ・・・課長」  「なんですか社長、かってに松下さんを昇格させたりして…」
    「係長・・・」  社長は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:精神論 2番:体育会系上下関係 3番:飲みニケーション 4番:カラ残業 5番:喫煙可 6番:なにくそという気持ち 7番:やりがい 8番:休日出勤 9番:社長
    暫時、唖然としていた社長だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    部長からグラブを受け取り、手をパンパン叩き宣言する社長、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、会社の前の道で冷たくなっている社長が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    引用元: 社長「どうすりゃいいんだ…」

    続きを読む

    IMG_5449

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/14(木)19:51:34 ID:DtX
    本拠地、内川スタジアムで迎えた内川戦
    先発内川が大量内川、内川も内川を見せず内川だった
    スタジアムに響く内川の内川、どこからか聞こえる「内川は100内川だな」の内川
    内川で帰り始める内川達の中、昨年の首位内川内川は独り内川で泣いていた
    内川で手にした内川、内川、内川、そして何より内川できる内川・・・
    内川を今の内川で得ることは殆ど内川と言ってよかった
    「どうすりゃ内川・・・」内川は悔し内川を流し続けた
    どれくらい内川だったろうか、内川ははっと内川めた
    どうやら内川疲れて内川してしまったようだ、冷たい内川の内川が内川に引き戻した
    「うちかわ、帰って内川をしなくちゃな」内川は内川しながら呟いた
    立ち内川って内川をした時、内川はふと気付いた

    「内川・・・?内川がいる・・・?」
    内川から飛び出した内川が目にしたのは、内川まで内川つくさんばかりの内川だった
    千切れそうなほどに内川が振られ、内川のように内川の内川が響いていた
    どういうことか分からずに内川とする内川の内川に、内川覚えのある内川が聞こえてきた
    「セイイチ、内川練習だ、早く行くぞ」内川の方に内川返った内川は内川を疑った
    「う・・・内川さん?」  
    「なんだアゴ川、内川でもしてたのか?」
    「こ・・・内川コーチ?」  
    「なんだ内川、かってに内川さんを内川させやがって」
    「内川さん・・・」  内川は半分内川になりながら内川を見上げた
    1番:肉川 
    2番:肉川 
    3番:肉川 
    4番:肉川 
    5番:肉川 
    6番:肉川 
    7番:肉川 
    8番:肉川
    9番:肉川
    暫時、内川としていた内川だったが、内川を内川した内川、
    もはや内川の内川には内川ひとつ内川
    「内川・・・勝てる内川!」
    内川からケテブを内川、内川へ全力内川する内川、その内川に光る内川は内川とは内川のものだった・・・
    内川、内川で冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    引用元: 内川「どうすりゃ内川…」

    続きを読む

    IMG_5423

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/13(水)17:27:40 ID:KEJ
    ヤフオクドームで迎えるホークス戦。
    昨日の快勝もあり、意気揚々といった様子の巨人軍に衝撃のニュースが飛び込んだ。河野と篠原が飲食店で全裸になり、あろうことかそれをSNSに拡散したとして謹慎処分になったのだ。
    ドームに響くファンのため息、どこからか聞こえる「伝統の一戦は白熱してるな」「巨人が脱いで阪神が撮れ」の声。
    呆れて声も出ないのか無言でアップを続ける選手達の中、高橋由伸監督も流石に不祥事になれたのか、飄々としていた。
    賭博、暴力、露出狂。
    選手達の不祥事の多さに呆れてを通り越して感心していた。
    「どうすりゃいいんだ…」由伸は悔し涙を流し続けた。
    どれくらい経ったろうか、由伸ははっと目覚めた。
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ。
    どことなく流れる、チームの重苦しい雰囲気の残り香が現実に引き戻した。
    「やれやれ、帰って明日のオーダーを考えなきゃ」由伸は苦笑しながら呟いた。
    立ち上がって伸びをした時、由伸はふと気付いた。

    「あれ…?お客さんがいる…?」
    ベンチから飛び出した由伸が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった。
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように巨人のチャンステーマが響いていた。
    どういうことか分からずに呆然とする由伸の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた。
    「ヨシノブ、出番だ、1本頼むぞ」声の方に振り返った高橋は目を疑った。
    「原監督?」「なんだパンダ、居眠りでもしてたのか?」
    「い、井端コーチ?」「なんだよ由伸さん、かってに井端さんを引退させやがって」
    「笠原!てめぇのせいで巨人と俺の人生はめちゃくちゃに…!」由伸は半分パニックになりながら場内アナウンスを耳にした。
    「9番ピッチャー高木に変わりまして、ピンチヒッター高橋由伸」
    暫時、唖然としていた由伸だったが、全てを理解した時、これから起こる事件、自分の身に降りかかる災難を思わずにいられなかった。
    「辞めたくない…辞めたくないよ…」
    コンパクト村田からバットを受け取り、バッターボックスに向かう由伸、その目に光る涙は現役への未練に溢れていた…。

    翌日、ベンチで冷たくなっている由伸が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った。
    ?

    引用元: 高橋由伸「どうすりゃいいんだ…」

    続きを読む

    IMG_5302

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/08(金)22:19:12 ID:cBP
    本拠地、筒香スタジアムで迎えた筒香戦
    先発筒香が大量筒香、筒香も筒香を見せず筒香だった
    スタジアムに響くファンの筒香、どこからか聞こえる「筒香は筒香だな」の筒香
    筒香で帰り始める筒香達の中、昨年の筒香内川は独り筒香で泣いていた
    筒香で手にした筒香、筒香、筒香、そして何より筒香できる筒香・・・
    それを今の筒香で筒香ることは殆ど筒香と言ってよかった
    「どうすりゃ筒香・・・」筒香は悔し筒香を筒香し続けた
    どれくらい経ったろうか、筒香ははっと筒香
    どうやら泣き筒香眠ってしまったようだ、冷たい筒香の感覚が筒香に引き戻した
    「やれやれ、帰って筒香をしなくちゃな」筒香は筒香しながら筒香
    立ち上がって筒香をした時、内川はふと気付いた

    「あれ・・・?筒香がいる・・・?」
    筒香から筒香した筒香が筒香にしたのは、筒香まで埋め筒香さんばかりの筒香だった
    千切れそうなほどに筒香が振られ、筒香のようにベイスターズの筒香が響いていた
    どういうことか分からずに筒香とする筒香の筒香に、聞き覚えのある筒香が聞こえてきた
    「セイイチ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った筒香は目を疑った
    「す・・・筒香さん?」  「なんだアゴ、筒香でもしてたのか?」
    「こ・・・筒香コーチ?」  「なんだ筒香、かってに筒香さんを引退させやがって」
    「筒香さん・・・」 内川は半分筒香になりながら筒香を見上げた
    1番:石井琢 2番:筒香 3番:筒香 4番:筒香 5番:鬱号 6番:内川 7番:筒香 8番:筒香 9番:筒香
    筒香、筒香としていた内川だったが、全てを筒香した時、もはや彼の筒香には筒香ひとつ無かった
    「筒香・・・筒香!」
    筒香から内川を受け取り、筒香へ筒香筒香する内川、その筒香に光る筒香は筒香とは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    引用元: 筒香「どうすりゃ筒香…」

    続きを読む

    IMG_5278

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/07(木)00:31:26 ID:BUm
    本拠地、なんJで迎えたレスバトル
    行数制限に引っかかり発狂、書き込むもスレはdat落ちし惨敗だった
    なんJに響く内川のため息、どこからか聞こえる「>>1は間違いなく低学歴」の声
    無言でイチ松スレを閉じ始めるなんJ民の中、昨年のお茶の間の人気首位お林は独りビジネスホテルで泣いていた
    東進で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる講師仲間・・・
    それを今のなんJで得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」人気予備校講師・東進林修(50)は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、内川ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、またスレを立てなくちゃな」お林は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、林修はふと気付いた

    「あれ・・・?松井を褒めたたえるレスがある・・・?」
    ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、>>1000まで埋めつくさんばかりのレスだった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように暇でしょの応援歌が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「オハヤシ、NHK出演だ、早く行くぞ」声の方に振り返った林修は目を疑った
    「く・・・くっさ?」  「なんだオサム、居眠りでもしてたのか?」
    「し・・・死ね?」  「なんだ松井オタ、かってにイチローさんを引退させやがって」
    「内野安打でセコセコ積み上げた数字など無意味・・・」内川は豊富なボキャブラリーで応戦しながらスコアボードを見上げた
    1番:代ゼミ 2番:学歴厨 3番:松井秀 4番:林修 5番:東進 6番:内川 7番:駿台 8番:イチ信 9番:河合塾
    暫時、唖然としていたお林だったが、全てを理解した時、もはや彼の自慢の頭脳には雲ひとつ無かった
    「明らか・・・松井の方が打者として優秀なのは指標を見れば明らかなんだ!」
    中根からスマホを受け取り、なんJで全力レスバトルする内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    引用元: 林修「どうすりゃいいんだ・・」

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ