カテゴリ: どうすりゃいいんだ


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/08(金)00:59:03 ID:okc
    監督二年目として迎えた2017年
    先発三本柱は頑張ったが、そのほかがダメダメで4位に沈んだ。
    東京ドームに響くファンのため息、どこからか聞こえる「読売は一生Bクラスだな」の声
    無言で帰り始める選手達の中、元天才打者由伸は独りベンチで泣いていた
    現役時代に手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
    それを今の巨人で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」由伸は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、由伸ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、来年のオーダーを考えなくちゃな」由伸は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、内川はふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出した由伸が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにジャイアンツの応援歌が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする由伸の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「高橋、出番だ、早く行くんだ」声の方に振り返った由伸は目を疑った
    「は・・・原監督?」  「なんだパンダ、居眠りでもしてたのか?」
    「・・・松井さん?アメリカに行ったはずでは・・」  「なんだヨシノブ、かってにゴジラを海外FAさせやがって」
    「●●さん・・・」  由伸は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:清水 2番:二岡 3番:高橋由 4番:松井 5番:●● 6番:内川 7番:仁志 8番:阿部 9番:上原
    暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    内川からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌年も死んだような顔をして采配をする由伸が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    引用元: 由伸「どうすりゃいいんだ・・」

    続きを読む


    1: 名無し 2017/12/04(月)18:47:59 ID:vqh
    本拠地、横浜スタジアムで迎えた中日戦
    先発三浦が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年は100敗だな」の声
    無言で帰り始める選手達の中、昨年の首位打者内川は独りベンチで泣いていた
    WBCで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
    それを今の横浜で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」
    内川は悔し涙を流し続けた
    翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、
    吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    引用元: 【再放送】内川「どうすりゃいいんだ・・・」

    続きを読む


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/03(日)08:48:18 ID:Gu9
    本拠地、ギリシャスタジアムで迎えたアメリカ戦
    先発アレクシスが大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
    スタジアムに響く聴衆のため息、どこからか聞こえる「神は死んだ」の声
    無言で帰り始める選手達の中、昨年の首位打者ソクラテスは独りベンチで泣いていた
    哲学者サッカーで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
    それを今のギリシャで得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ソクラテスは悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、ソクラテスははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って弁明をしなくちゃな」ソクラテスは苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、ソクラテスはふと気付いた

    「あれ・・・?聴衆がいる・・・?」
    ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの聴衆だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにアルキメデスの「エウレカ!エウレカ!」の声が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とするソクラテスの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ソクラテス、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返ったソクラテスは目を疑った
    「ク・・・クセノポン?」  「なんだヒゲ、居眠りでもしてたのか?」
    「プ・・・プラトン?」  「なんだソクラテス、かってにプラトンさんを引退させやがって」
    「アリストテレス・・・」  内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:アリストテレス 2番:エピクロス 3番:クセノポン 4番:クサンティッペ 5番:プラトン 6番:ソクラテス  7番:ヘラクレイトス 8番:谷繁 9番:デモクリトス
    暫時、唖然としていたソクラテスだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「生きられる・・・生きられるんだ!」
    親しい人物からドクニンジンの杯を受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    引用元: 【再放送】ソクラテス「どうすりゃいいんだ…」

    続きを読む


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/02(土)22:51:34 ID:A4C
    本拠地、家電ショップで迎えた年末商戦
    先発東芝が大量赤字、売上も勢いを見せず惨敗だった
    家電ショップに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年は倒産だな」の声
    無言で帰り始める選手達の中、昨年の売上首位打者NECは独りベンチで泣いていた
    90年代で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるライバルメイト・・・
    それを今の日本で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」NECは悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、NECははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい倉庫の感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰ってテレアポをしなくちゃな」NECは苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、NECはふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    倉庫から飛び出したNECが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように待機列で響いていた
    どういうことか分からずに呆然とするNECの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「NEC、デバックだ、早く仕事に行くぞ」声の方に振り返ったNECは目を疑った
    「に、日本IBMさん?」  「なんだ鉄くず、居眠りでもしてたのか?」
    「パ・・・シャープコーチ?」  「なんだNEC、かってにパナソニックを引退させやがって」
    「東芝・・・」  NECは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:シャープ 2番:VAIO 3番:パナソニック 4番:NEC 5番:日本IBM 6番:内川 7番:セイコーエプソン 8番:OKI 9番:東芝
    暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「売れる・・・売れるんだ!」
    東芝からPCを受け取り、グラウンドへ全力疾走するNEC、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっているNECが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    引用元: NEC「どうすりゃいいんだ……」

    続きを読む


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/23(木)12:56:58 ID:yiu
    本拠地、鳥取で迎えたモンゴル人力士会
    貴ノ岩が大量失言、発言も勢いを見せず惨敗だった
    店内に響くファンの悲鳴、どこからか聞こえる「これからは若手の時代」の声
    失言に怒鳴り始める力士達の中、2015年の春場所優勝照ノ富士は独り座敷で泣いていた
    春場所で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる伊勢ヶ濱部屋のみんな・・・
    それを今の肉体で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」照ノ富士は悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、照ノ富士ははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい土俵の感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰ってかに玉食べなくちゃな」照ノ富士は苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、照ノ富士はふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    花道から飛び出した照ノ富士が目にしたのは、枡席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように照ノ富士コールが響いていた
    どういうことか分からずに呆然とする照ノ富士の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「照ノ富士、胸貸せよ、早く行くぞ」声の方に振り返った照ノ富士は目を疑った
    「は・・・日馬富士さん?」  「なんだガナ、居眠りでもしてたのか?」
    「あ・・・安美錦さん?」  「なんだ照ノ富士、かってに旭天鵬さんを引退させやがって」
    「白鵬さん・・・」  照ノ富士は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    横綱:白鵬 横綱:日馬富士 横綱:鶴竜 大関:稀勢の里 大関:琴奨菊 大関:内川 大関:豪栄道 関脇:照ノ富士 関脇:隠岐の海
    暫時、唖然としていた照ノ富士だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    北の湖理事長から賜杯を受け取り、控え室へ全力疾走する照ノ富士、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている鶴竜が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    引用元: 照ノ富士「どうすりゃいいんだ・・・」

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ