カテゴリ: カッスレ

    IMG_7034

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/15(水)12:19:24 ID:K1I
    ハマにも負けず
    原にも負けず
    理性にも司法にも負けぬ
    丈夫なイ○モツをもち
    慾はなく、決して萎まず
    いつも静かに扱いている
    一日に強○四回と
    味噌の少しの白星を奪い
    あらゆる穴に
    自分のイ○モツ入れて
    よく抜き差しし絶頂
    そして射○
    中日の二軍のチームの陰の
    小さな萱ぶきのベンチにいて
    東に病気の監督あれば
    行って嫁を強○してやり
    西に疲れた中継ぎがあれば
    行ってその登板を増やし
    南に死にそうな県知事あれば
    行ってもう生きなくてもいいといい
    北にFAやトレードがあれば
    つまらないからやめろといい
    日照りの時はカウパーを流し
    寒さの時はタマキンがシナキン
    みんなにでくのぼうと呼ばれ
    褒められもせず
    許されもせず
    そういう男村田に
    わたしは
    なりたい

    引用元: 巨人小笠原、雨ニモ負ケズ死亡

    続きを読む

    IMG_6962

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/12(日)10:13:53 ID:VLl
    自殺を考えている人からの電話を受け、練炭を配布する非政府団体「カッスのいのちの電話」。
    「絶望の淵にへたりこみ、死を覗きこんでいる人たちの背中にケリを入れる仕事」と代表の男性。
    電話の先の相手がいかに無価値で生きる意味がないか、ねばり強く伝えるのがコツという。
    ち~ん(笑)と電話が鳴る。この日の電話の相手は神奈川県にすむ20歳の男性Aさん(仮名)。
    「やあ、お電話ありがとう。巨人小笠原です。ディカプリオって呼んでほしいな」
    「こんにちはカッス。おれ、悩んでいるんだ。聞いてくれるかい……」
    Aさん(3-8-56)は、ネット上の掲示板に面白半分で犯罪予告をしたところ逮捕されたと話す。
    「周囲の人はもっと悩んでいるぞ。君のせいで……」イ○モツをしごく。他人の不幸はいいオカズだ。
    「ちくしょうめ。もうそれはさんざんいわれた。くそったれ。ファッキューカッス」電話は切れた。
    怒られちゃったよ。そうつぶやくと彼はいたずらっぽくウィンクし、自分の唇でイ○モツをぬぐった。
    満足して鼻歌まじり、がちゃりと受話器を置くと、電話機とのあいだにはさまれたのはキ○タマ。
    享年37。あまりにも遅すぎる、惜しまれぬ死だった。

    引用元: 巨人小笠原「はい、こちら『いのちの電話』」

    続きを読む

    IMG_6949

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/12(日)00:16:54 ID:B9H
    ――― ドーンときてガシャーンと行こうや!―――

    時は2013年8月12日、巨人小笠原航空(KAS)123便は定刻をやや遅れ羽田を離陸した。機体はBOWイング社製のT-334。
    「カッスジェット」の愛称をもつ、チャンスや右投手に強い優秀な機体であった。舵を取るのはベテラン大松機長、T-334は慣れ親しんだ機体だ。
    ところが高度9800フィート上昇時に突如垂畜尾翼が破損、コントロールが小野寺並となってしまう。そう、この機体は以前、新千歳空港で尻堀事故を起こしていたのだ。
    慌てふためく機内、「はい、気をつけて」と答える副機長に大松機長も「はいじゃないだろ」と返すのが精一杯であった。
    未曾有の窮地を前に管制官カッスは 「米軍の救援を断っておいたぞ」 「都市部に落とすと面倒だからお前らだけで死ね」 「着地の瞬間ジャンプすれば助かる」 と冷静かつ的確な指示を送る。
    この采配が功を奏したか、『PULL UP (プゥ↑プゥ↑) PULL UP (プゥ↑プゥ↑) 』と警告音の鳴り響く中、機体は御巣鷹娘山(081m)に激突、霧散、炎上した。
    警察の調べでは前日に55号HRを放ったブランコ選手の搭乗が判明しており、安否の確認が急がれている。
    この惨状を上出来だとばかりにせせら笑うと巨人小笠原は手向けとばかりに絶頂射○、満足げに空港を去ろうとしたところスクランブル発進した自衛隊機に轢かれて死亡した。
    1本前の便に搭乗してした大正義巨人軍原監督は「これはだめかも分からんね」と、低空飛行を続ける打線に不満を顕にした。
    なお、次のフライトには間に合う模様。

    引用元: 【再放送】巨人小笠原航空123便、墜落し死亡

    続きを読む

    IMG_6882

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)14:46:52 ID:Vvc
    「相手はチョキしか出せないとはいえ、油断は禁物」と語るカッスはある秘策を考えた。
    その秘策とは、「最初はグー」のところでパーを出し、相手を出し抜くというものだ。
    そして運命の勝負、カッスは「最初はグー」の掛け声とともにパーを出したが、カニが繰り出したのはまさかの「チョキ」―――
    まさかの敗北にショックを受け発狂したカッスは、カニの身をかき出すフォークみたいなやつで自分のキ○タマをメッタ刺しにして死亡した。
    この件に関し大正義巨人軍原監督はカニを食べるのに夢中で終始無言だった。
    なお、カッスは現役続行と引退の狭間で板バサミになっている模様。

    引用元: 巨人小笠原、カニにじゃんけんで負け死亡

    続きを読む

    IMG_6860

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/08(水)19:57:54 ID:aMM
    “カッス~カッス~ち○ぽおながいのね~♪”
    そう口遊むのはご存知米軍も真っ青のプロレイパー、巨人小笠原終身名誉死刑囚(44)である。
    翁長知事の訃報を聞いたカッスは早速自慢のリリーフカーで沖縄県の普天間基地へと急行した。
    開口一番「観光でセコセコ稼いだ財源など無意味」「米軍基地が沖縄にとって必要不可欠なのは指標を見れば明らか」と主張し、公道で這いつくばる暇人どもを自慢のイ○モツで粉砕した。
    また付近の小中学校へ向かうと「偽造するぐらいなら俺が落としてやる」と絶頂射○、自らの部品を空からばらまくファンサービスに興じた。
    その後もひめゆりの塔をイ○モツで粉砕、20万人を強○、精○放射機でスプラトゥーンとやりたい放題のカッスだったが、ガマで人骨オ○ニーしていたところを米軍に囲まれてしまう。
    「キガイハクワエマセーン」の声を聞きガマから出てきたカッスに対し、米軍は9800個の手榴弾で応戦、無事四散したカッスの遺体は恒例のキャンプ地に埋葬された。
    この件に関し大正義巨人軍原監督は「訃報はナベツネ?違う?じゃあどうでもいいや」と無関心な様子であった。
    なおサンゴの死滅は間に合わん模様。

    引用元: 巨人小笠原、沖縄県知事に就任して死亡

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ