カテゴリ: スポーツ

    IMG_4961

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/23(水)22:39:07 ID:kIX
    謝罪会見の最中に巨人軍のオレンジタオルが投げ込まれる―――。
    会見の内容の酷さについにフラッグを投げ込んだのはご存知小笠原選手。

    ドヤ顔の女記者が質問を終えた2秒後に下半身にレ○プアタック。
    更に次のプレイで顔面射○。更に誰かに似ているホモビデオを会場で上映した。
    合計3つのラフプレイを行ったカッスに対し日大広報が退場処分を言い渡そうとするも、マイクがハウリング。
    カッスの独演会が開始された。

    「宮川は頭丸めて謝罪会見開いたのに何セットしてんだ」
    「結局は自己保身のために開いた会見。そんなに文春にヤバいこと書かれたのか」
    「この時間に会見開けばモリカケ問題に忙しいテレ朝しかニュース番組ないこと狙っただろ」

    等と喚き散らし最後には「記者共も切れ味のある内容は2~3人だけ」「ワイドショー組はほんと無能な質問多いな」とマスコミに対しても苦言を述べた。

    興奮冷めやらぬカッスはそのまま記者会見をテレビで見ていた宮川選手の自宅に突入。

    「おいコーチも監督もお前が嘘ついてるって言ってるぞ」
    「視聴者の同情誘って就職先ゲットしようとしたんだろうけど前科者をまともな企業が雇うわけないだろ」

    ニヤついた顔でそう告げ、唖然とする宮川選手の下から立ち去ろうとしたカッスであったが、追い詰められた宮川選手が背後からタックル。
    カッスの背骨は砕け散り、破片がキンタマを貫通。
    カッスは三途の川を334ヤード罰進し無事死亡した。

    この件について巨人軍原監督は「G+のスポンサーについてどうこう言える立場ではない」とノーコメント。

    なお第三者委員会の処罰発表まで内田は居座る模様。

    引用元: 巨人小笠原、日大会見に乱入する

    続きを読む

    IMG_4899

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/21(月)20:33:21 ID:YJQ
    巨人小笠原、さらなる高みを目指して死亡


    常に高みを目指す男の眼差しは鋭い。
    「高みを目指すだけで金が集まる、目的と手段が入れ替わる」
    こうつぶやいたのはマウンドには登らず見上げるだけの終身名誉死刑囚容疑者(44)だ。
    ハイリスクでセンセーショナルな登山を計画し資金を集めては登頂に至らない、9本の指を凍傷でなくした男、比類なきプロ下山家(35)に対抗心を燃やしたカッス。
    ご自慢の寒冷地仕様リリーフカーでエベレストに向かう。
    途中居合わせた大学生と小学生を背後からタックルし線路上に並べて順次強○、列車にキ○タマを轢断されて死亡するなどのハプニングもあったが無事ネパールに到着した。
    下山家の眠るキャンプを訪れたカッスは
    「通算8回、連続8回の失敗とは信じがたい、指折り数えて確認したのか?」
    「一緒に単独登頂したシェルパに宜しく」
    「終にエベレストより高みに至った気分はどうだ?」
    「子連れ遭難した父親に一言」などと激励。
    イ○モツをピッケル代わりに下山家を踏み台として無装備登頂を成し遂げたカッスはエベレストの頂を大自然強○絶頂射○、マントルを○通した反動で大気圏を突破し大宇宙を強○した初の人類として歴史に汚名を刻み込んだ。
    しかし上空から見るエベレストの雪に北の大地を彷彿とし謎の頭痛を発症して無事死亡した。

    これに対し大正義巨人軍原監督は「これだけ経験を積ませている。山遊びは卒業しなきゃいけない」などと正論を展開、下山家たちの未来に一定の理解を示した。なお、捜索隊は間に合わん模様。

    引用元: 巨人小笠原、エベレストで指を9本失い死亡

    続きを読む

    IMG_4897

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)23:29:23 ID:8pE
    今日も今日とて悪に正義を執行するのはこの方、オリックス国税庁西
    今日は関西学院大学の依頼で日本大学までやって来た。
    依頼人の関西学院大学の鳥内監督によると、
    日大との練習試合中に、日大選手が関学の選手
    に試合とは関係ないところでタックルをかまして
    怪我を負ってしまったとのこと。
    それを聞いた正義執行人のオリックス西は激怒
    早速、内田元監督に鉄槌を下すべく、
    得意技の牽☆制を使い日本大学の
    内田元監督のもとに226秒でワープした。
    内田元監督は国税庁オリックス西の登場に驚き腰を抜かしたが、
    ご存知の通りオリックス西は遠慮する漢ではない。
    「お前が選手に命令したんだろ、アメフト界から永久追放だ!」
    「スポーツマンシップも知らないとは恥を知れ」
    「後日、文書で説明するってどういうことだ?」
    と激しく責め立てた。
    すると苦しくなった内田元監督は、俺は悪くないぞ!と言い放ち、
    みっともなく逃げようとした。
    だがオリックス西はそれを黙って見ているような男ではない。

    滅多に出さない大技『危☆険☆球』を振りかざすと内田元監督の頭に一閃、
    病院に運ばれたが植物人間となりアメフト界から自然追放された。
    これについて、関西学院大学のOB宮内オーナーは「そろそろ一軍監督を二軍監督と交換したいね」と関西学院大学後輩の田口監督の早期誕生を期待した。
    なお、福良監督は今日もアホヅラで采配をして、オリックスファンを激怒させる模様

    引用元: オリックス西、日大アメフト元監督に鉄槌を下す

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ