カテゴリ: 再放送

    IMG_2196

    1: 名無しさん@おーぷん 2019/02/06(水)16:05:03 ID:dAm
    「相手はチョキしか出せないとはいえ、油断は禁物」と語るカッスはある秘策を考えた。
    その秘策とは、「最初はグー」のところでパーを出し、相手を出し抜くというものだ。
    そして運命の勝負、カッスは「最初はグー」の掛け声とともにパーを出したが、カニが繰り出したのはまさかの「チョキ」―――
    まさかの敗北にショックを受け発狂したカッスは、カニの身をかき出すフォークみたいなやつで自分のキ○タマをメッタ刺しにして死亡した。
    この件に関し大正義巨人軍原監督はカニを食べるのに夢中で終始無言だった。
    なお、カッスは現役続行と引退の狭間で板バサミになっている模様。

    引用元: 【世界名作劇場】巨人小笠原、カニにじゃんけんで負け死亡

    続きを読む

    IMG_2044

    1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/31(木)11:28:31 ID:GwZ
    自殺を考えている人からの電話を受け、練炭を配布する非政府団体「カッスのいのちの電話」。
    「絶望の淵にへたりこみ、死を覗きこんでいる人たちの背中にケリを入れる仕事」と代表の男性。
    電話の先の相手がいかに無価値で生きる意味がないか、ねばり強く伝えるのがコツという。
    ち~ん(笑)と電話が鳴る。この日の電話の相手は神奈川県にすむ20歳の男性Aさん(仮名)。
    「やあ、お電話ありがとう。巨人小笠原です。ディカプリオって呼んでほしいな」
    「こんにちはカッス。おれ、悩んでいるんだ。聞いてくれるかい……」
    Aさん(3-8-56)は、ネット上の掲示板に面白半分で犯罪予告をしたところ逮捕されたと話す。
    「周囲の人はもっと悩んでいるぞ。君のせいで……」イ○モツをしごく。他人の不幸はいいオカズだ。
    「ちくしょうめ。もうそれはさんざんいわれた。くそったれ。ファッキューカッス」電話は切れた。
    怒られちゃったよ。そうつぶやくと彼はいたずらっぽくウィンクし、自分の唇でイ○モツをぬぐった。
    満足して鼻歌まじり、がちゃりと受話器を置くと、電話機とのあいだにはさまれたのはキ○タマ。
    享年37。あまりにも遅すぎる、惜しまれぬ死だった。

    引用元: 巨人小笠原「はい、こちら『いのちの電話』」

    続きを読む

    IMG_2038

    1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/30(水)23:23:37 ID:Ura
    キャンプインに向け最後の仕上げを行なっているのはご存知巨人軍小笠原選手だ
    「(キャンプ)初日から120%でいけます」と本人が語るように若手並みのハイペース調整で完璧な身体を作り上げて来た
    野手最年長のベテランになってもキャンプから勝負という姿勢は変わらない。
    「若い子にもいつも言ってます。チームメイトは全員ライバルだぞって」
    勝負の世界に生きる人間として居場所は自分で掴み取るものだと体に刻み込まれているのだーー。

    午後5時、取材を終えて帰り仕度をしているとバットを持って室内練習場に向かう小笠原とすれ違った。
    小笠原は「グラウンドはもう閉まるんですよ。中なら9時まで開いてる」と笑った。
    私は最初冗談だと思ったが関係者によれば毎日9時まで1人でマシン相手に打ち込んでいるのだそうだ。
    私は厳しい世界で長年生き残っている男の裏側を初めて知ったような気がした。
    ついつい寒空に響く快音にしばらく聞き入ってしまったーー。

    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1517239555/

    引用元: 【再放送】 巨人小笠原、自主トレして生存

    続きを読む

    IMG_1704

    1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/15(火)14:54:52 ID:SWH
    寒気いよいよ厳しくなっても燃える闘魂でチームを引っ張っていくのはご存知男気黒田。
    この日も自身の武勇伝を聞かせるべく塹江、飯田、野間などカープの若手たちを誘い居酒屋へ向かった。

    しかし名前に浪がつく選手は糞だと罵っていたところにやってきたのが納会帰りの立浪和義。
    「おう、黒田やないか。楽しそうに飲んどるな?」と気さくに席に近づくと、震える黒田を尻目にテーブルに置いてあった唐揚げを発見。
    「なんや唐揚げのうまい食い方知らんのか?」と添えられたレモンをつまむとぎゅっと一握り。
    その瞬間、死んでいた黒田の目にも冷やしトマトより赤々とした業火が燃え上がった。

    早速野間からスマホを奪って席を立つと、自慢のツーシームに飛び乗り居酒屋を脱出。
    十分に安全な距離を取ったことを確認してから立浪に電話をかけ、
    「野間です。唐揚げにレモンをかけないでもらえますか?」
    「黒田さんはカープの為にアメリカから帰ってきた。お前は自分のことしか考えてない」
    「レモンよりも野球に命をかけろ」
    などと文句を並べ立てるも「お前黒田だろ」の一言で顔面蒼白。
    「今からそっち行くけえ待っとけよ」という忠告に震え上がって逃走を図るもネルソン、ブランコ、セサルに囲まれパァンパァンパァンパァン!パァンパァンパァン!

    これに対し頭がパァン!(47)は「(立浪君が悪者になってしまったのは結果論だが野間に被害がなかったことは)結果論では済まされない。あの子に危険が及ぶ可能性すらあってはならない」とコメント。
    今後は野間を自宅にて厳重に保管することを示唆した。
    なお野間にはパァン!パァン!からの監督お手製タルタルソースがかけられる模様。

    引用元: 男気黒田、唐揚げにレモンをかけた立浪に激怒!男気注入へ(再)

    続きを読む

    IMG_1659

    1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/19(土)17:30:33 ID:Q18
    巨人軍の「はえぬき」を自称する巨人小笠原(39)が、稲作にはげんでいたことが明らかになった。

    「種もみも玉揉みも似たようなもの」という安易な考えのもと水田を購入した農家ッスであったが、
    下柳選手に米を盗まれたり、細山田選手の発生で稲が全滅するなど、失敗続きであった。

    ところが昨年、一時の気の迷いから絶頂射○、「きらら334」と自身の精○を掛け合わせてみたところ、
    虫害や北の寒さに耐性を持ち、右投手やチャンスに強い品種が偶然誕生した。
    新品種は自慢のイ○モツにかけて「クロビカリ」と命名されたが、
    当のカッスは大松選手の運転する稲刈り機に収穫され死亡、無事出荷された。

    この功績について、大正義巨人軍原地主は「田んぼもいいけど牧場のほうが似合いそうだね(ニッコリ」と、今季のファーム幽閉を示唆した。
    なお、一茂農場で開発された「ナナヒカリ」と共に今秋から食卓に並ぶ模様。

    引用元: 巨人小笠原、品種改良し死亡

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ