IMG_4056
1: 名無しさん@おーぷん 21/02/22(月)12:43:54 ID:9aN
 飲酒しない成人に課税する「下戸税(仮称)」の導入を、政府が検討していることが16日、本紙の調べでわかった。
「若者の酒離れ」対策として、税収はアルコール飲料振興の財源に充てる。早ければ、2022年度の税制改正大綱に盛り込みたい考え。

 飲酒習慣の変化や改正酒税法による安売り規制のため、近年アルコールを飲まない若者が増えていることから、政府は「若者の酒離れ」による税収減をまかなうため、月1回以上酒を飲まない成人に課税する「下戸税」を新たに導入する検討に入った。
税額は1人年千円程度とする見通し。納税は給与から天引きするかたちで行われ、スーパーや居酒屋の領収書で飲酒したことを証明すれば還付される。

 税収はワインの試飲会や酔拳の演武会、海外の有名アーティストを起用した「ビール音頭」の制作、飲酒量に応じてポイントがたまる「アルコールマイレージ」アプリの開発など、アルコール飲料振興の財源に充てるとしている。

 ある財務省幹部は「酒離れが進めば下戸税の、逆に酒の消費が増えれば酒税の税収増がそれぞれ期待できる。どちらに転んでも課税がはかどる画期的な仕組み。
『コップの水が減った』と嘆くのではなく、『空気が増えた』と考える逆転の発想だ」と自信をのぞかせる。
(以下略全文はソースで)
https://kyoko-np.net/2018011701.html

引用元: 政府、「下戸税」導入を検討 若者の酒離れに着目

2: 名無しさん@おーぷん 21/02/22(月)12:44:13 ID:u7r
京子定期

3: 名無しさん@おーぷん 21/02/22(月)12:45:54 ID:ExX
呑んでも呑まなくても金とられるんかい

4: 名無しさん@おーぷん 21/02/22(月)17:15:38 ID:iwv
うーんこの

 酒に限らず「若者の○○離れ」が叫ばれて久しい昨今だが、政府では下戸税導入後の税収の推移を見ながら、
さらに「嫌煙税」「独身税」「自宅滞在税」など租税回避を防ぐ仕組みを拡大させたい意向だ。

5: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)08:08:59 ID:MTS
逆転の発想で草

7: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)08:10:43 ID:HGO
有能
ちなアル中

8: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)08:10:45 ID:ml7
京都新聞とか京都やばすぎやろ

12: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)08:14:59 ID:zLJ
月一で証明めんどそう

15: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)08:38:10 ID:EdS

10: 名無しさん@おーぷん 21/02/23(火)08:12:04 ID:1kp
まずいな、酒飲まないと