IMG_7457

1: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)23:33:13 ID:BkF
植民地「あ、あぁ~ッ!」 ドピュドピュドピューッ!

イギリス「はい、今日の課税は終わり。お疲れさまでした」

植民地「うぅ……あ、ありがとうございました……」

数年前、念願のフランスとの戦争に勝ったのだが、『負債の一部を植民地に負担させれば本国の財政が楽になるのでは』
という期待の声があり、結果、イギリスちゃんが定期的にワイの市民から税金ををシコシコしてくれるようになった。しかしイギリスちゃんはなんだか
ワイのことがキライみたいで、いつもいつも不愛想にお税金シコシコして、お財布イタイイタイなのだった。

植民地「トホホ……イギリスちゃん大国なのにお税金シコシコはタカイタカイなんだから……あーあ、どうにかしてイギリスちゃんの税金ピュッピュをやさしくて軽いものにしてもらえないかな~、ん?」

深夜なのに英国議会から明かりが漏れている。

引用元: 植民地「ほ、本国ちゃん! 税金激しくしないで!」 イギリス「うるさいですね……」

2: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)23:33:39 ID:BkF
イギリス「よいしょ……よいしょ……」

植民地(い、イギリスちゃんが、自国の議会で反対派を相手に税金シコシコの説得をしている!?)

イギリス「ふぅ……こんなものですかね……。もっと重い税金を課せるように頑張らないと……」

植民地「イギリスちゃーん!」 バターンッ!  

イギリス「What!?」

植民地「い、イギリスちゃーん! ごめんよーッ! イギリスちゃんは毎日財政のためにお税金シコシコの演説をしてたのにワイはそんなことも知らずに……ッ!
  ハフッ!ハフッ! 代表なくして課税なし!」

イギリス「ど、ドサクサにまぎれて税金を拒否しないでください!」

植民地「ご、ごめんねイギリスちゃん……!」

イギリス「べ、別に、お税金しこしこ演説するくらい普通です……。それが私のお仕事なんですから……。それに、私は下手で、あんまり重い税金には賛成がもらえないから」

植民地「そ、そんなことないよ! イギリスちゃんのその気持ちだけでワイは十分財政が気持ち悪いんだよ! あっ、そ、そうだ! イギリスちゃんお船出して!」

イギリス「こ、こうですか?」

植民地「そう! それじゃあ今から反乱起こすからね! イギリスちゃんのお船の貨物をビュッビュするからね! ちゃんと受け止めてね!」

イギリス「えっ、えっ?」

植民地「ウオーッ! 英国東インド会社! ボストン湾をティーポッドにするぞ!」ドボドボドボーッ!

イギリス「ひゃあッ!」ビシャーッ

3: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)23:33:56 ID:BkF
植民地「くっ、ふぅ……! す、すっごい濃いのが出たぁーッ!」

イギリス「ほんとうです……で、でもなんで……?」

植民地「それはね……ブリカスちゃんの気持ちが、市民に伝わったからだよ! ブリカスちゃんの植民地を思いやらない冷酷さがね!」

イギリス「私の冷酷さ……」

植民地「そう! だから、課税額なんて、二の次なんだよ! お税金しこしこは、上手い人にやってもらうより、自分たちでやる方が一番気持ちいいんだよ!」

イギリス「じ、自治って……はわわ……あ、あの……もうちょっとだけ、独立戦争に付き合ってもらってもいいですか?」

植民地「もちろん!」
その後、ワイは一晩中ブリカスちゃんの本国兵相手に独立戦争を続けて次の日の朝は起き上がれないほど疲弊していた。
でもまぁ、その日以来、独立宣言をするときイギリスちゃんが耳元で「好きです」とつぶやいてくれるようになったので結果オーライ! 終わり

4: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)23:34:57 ID:zAb
ごちうさコピペで学ぶ世界の歴史

5: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)23:34:59 ID:eOx
ワイはすこ

6: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)23:36:34 ID:zGu
お税金シコシコの演説で草

7: 名無しさん@おーぷん 20/07/01(水)23:39:22 ID:2nd
十分財政が気持ち悪い で草生え散らかした