IMG_7051

1: 名無しさん@おーぷん 20/06/17(水)20:05:59 ID:wVG
本拠地、ベルリンで迎えたソ連戦
先発ヴァイトリングが大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
地下壕に響く兵士のため息、ボルマンがつぶやく「ドイツも終わりだな」の声
無言で帰り始める兵士達の中、かつての大ドイツの支配者ヒトラーは独り部屋で泣いていた。
WWⅡで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる部下・・・
それを今の国家社会主義ドイツ労働者党で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」ヒトラーは悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、ヒトラーははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい床の感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、エヴァと結婚の準備をしなくちゃな」ヒトラーは苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、内川はふと気付いた

「あれ・・・?兵士がいる・・・?」
部屋から飛び出したヒトラーが目にしたのは、地平線まで埋めつくさんばかりの兵士だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにホルスト・ヴェッセルが響いていた
どういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「アドルフ君、ビアホールだ、早く行くぞ」声の方に振り返ったヒトラーは目を疑った
「レ・・・レーム?」  「なんだヒゲ、居眠りでもしてたのか?」
「シュ・・・シュトラッサー?」  「なんだチビ、かってに二人を粛清しやがって」
「ヘス・・・」  ヒトラーは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
1番:レーム 2番:シーラッハ 3番:シュトラッサー 4番:ゲーリング 5番:ヒトラー 6番:セチ・ウチカー(大分工業→横浜→ソフトバンク) 7番:ベルヒトルト 8番:ヘス 9番:ダレ
暫時、唖然としていたヒトラーだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「勝てる・・・勝てるんだ!」
ヒンデンブルク大統領から首相の座を受け取り、戦場へ全力疾走するヒトラー、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、地下壕で黒焦げになっているヒトラーが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

引用元: ヒトラー「どうすりゃいいんだ…」

2: 名無しさん@おーぷん 20/06/17(水)20:07:00 ID:dGH
すこ

3: 名無しさん@おーぷん 20/06/17(水)20:07:00 ID:9xm
隠せない内川

5: 名無しさん@おーぷん 20/06/17(水)20:07:06 ID:TSQ
ゲッベルスに聞け

4: 名無しさん@おーぷん 20/06/17(水)20:07:04 ID:uPP
途中から内川になるのすこ