IMG_2608

1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/11(日)00:01:28 ID:fJd
藤浪くんが僕のパソコンに映っている。
日本の技術を結集したスーパーコンピュータに人格や記憶を書き込み、電子生命体として生まれ変わった藤浪くん。その一部をコピーして自分のパソコンに移し替えた。
今でもコンピュータに書き込む際の藤浪くんが忘れられない。
高く反り返る体、人間とは思えない声を上げ、尿や糞便、吐瀉物がそこら中から漏れた。
あそこまで記憶に焼き付く光景は今まで見たこともなかったな、と僕は苦笑した。

僕との思い出しか存在しない藤浪くん。
愛してると言えば、照れくさそうに笑って「・・・俺もだよ」と呟き、じゃあ電源消すね。と言えば寂しそうな顔を見せる。
僕だけの藤浪くん。ずっと僕だけを見てくれる藤浪くん。いてくれるだけで僕は幸せだ。

・・・でも最近つまらなくなってきた。
人間であった頃の藤浪くんは僕が求めれば求めるほど拒んでいく。
それを征服して心身共に犯し尽くすのが堪らなく心地よかった。夜の床で目を手で隠してすすり泣く藤浪くんを見ただけで、僕は一度達したくらいに。
今の藤浪くんは僕の奴隷のように言葉を受け入れ、望みを叶えてくれる。
首と手首、足首に電極さえ巻けば人間としているかのような感覚ももたらしてくれる。
でも藤浪くんのリードばっかりで、僕の加虐心は煽られ限界に達しそうであった。
だから一度データの藤浪くんを襲った。
でも藤浪くんは僕にされるがまま感じ続けていた。
・・・違う・・・こんなのじゃ・・・

満たされない。

引用元: 大谷「藤浪くん・・・藤浪くん・・・」カタタタッ

2: 名無しさん@おーぷん 2018/02/11(日)00:01:54 ID:fJd
あふれる衝動を発散するために肩力Zの監督を拷問に拷問を重ねたあとで消したけど、衝動は未だに収まらない。
ある場所に収められた藤浪くんの生きた体。僕はその扉を開き、多量の液体と共に出てきた藤浪くんに舌を絡ませたキスをする。藤浪くんが目を覚ました。
藤浪くん、おはよう。あれから4ヶ月たったよ。
藤浪くんは何があったのかあまり理解していなかった。それは僕にとってはとても都合が良かった。
藤浪くんをその場に倒す。冷たい床が背中中に当たり、藤浪くんは眉間にしわを寄せる。
藤浪くんのそこに何も準備しないまま興奮をねじ込んだ。
藤浪くんが甘美な叫びを上げる。4ヶ月動かなかったせいで筋肉は動き方を忘れたのだろうか、藤浪くんは硬い動きをしながら逃げようと手を伸ばす。
僕はそれを気にもとめず、藤浪くんの首を締め付けた。
藤浪くんは苦しそうな表情を見せ、息をしようと僕の手を引っ掻く。
藤浪くんのあそこは僕を絞り切ってしまいそうなほどに収縮している。
・・・藤浪くん。僕のものになってよ。
藤浪くんの口から声はでなかった。けど、「いやだ」と言っていることだけは分かった。

・・・なんで藤浪くんは振り返ってくれないんだろう。僕にはまだ、理解できない。

3: 名無しさん@おーぷん 2018/02/11(日)00:12:51 ID:Qgm
グ○描写が少ないので一般人にもオススメできる大浪スレ

4: ■忍法帖【Lv=6,バルログ,CEy】 2018/02/11(日)00:25:30 ID:U8i
>>3
おすすめしていいんですかね

5: 名無しさん@おーぷん 2018/02/11(日)00:26:26 ID:PUU
日々の癒し

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4 11ac 866 300Mbps 3LDK 2階建向け 【iPhone8/X対応】

新品価格
¥4,968から
(2018/2/11 08:01時点)