1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)19:53:54 ID:PRB
    彡(゚)(゚)「ないンゴねぇ」(カバンガサゴソ

    通勤ラッシュリーマン「」(ムゴンノアツリョクー

    彡(^)(^)「おっ、見つかったやで!さっそくかざして…」

    改札機「違うぞ」(ピンポーン

    リーマン「ああああああああああああああ!」(ドリヌリュリュや奈良流

    彡(^)(^)

    続きを読む


    1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)17:40:29 ID:6FD
    高額の審査料を要求する映画審査機関に反抗するため、約10時間壁を映しただけの映画を審査に出し審査員に視聴させた模様

    レーティング機関へのイヤガラセ映画「ペンキを乾かす(原題:Paint Drying)」がイギリスで無事「全年齢向け」レーティングを取得

    http://dailynewsagency.com/2016/02/01/10-hour-movie-of-paint-fot/

    続きを読む


    1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)23:02:10 ID:lf3
    本拠地、ZEPP TOKYOで迎えた全国ツアー最終日
    自信満々のセットリストで臨むも全盛期には遠く及ばない客のノリだった
    ライブハウスに響くファンのため息、どこからか聞こえる「もう解散しろよ」の声
    無言で帰り始めるメンバー達の中、昨年離婚したばかりのジョージは独り豪邸で泣いていた
    ロードで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるバンドメンバー・・・
    それを今の虎舞竜で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」ジョージは悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、ジョージははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいステージの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰ってチューニングをしなくちゃな」ジョージは苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、ジョージはふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ジョージから飛び出した内川が目にしたのは、二階席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに腕が振られ、地鳴りのようにロードの歌詞が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とするジョージの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「ダーリン、ごはんよ」声の方に振り返ったジョージは目を疑った
    「み・・・美佳?」  「なんだリーゼント、居眠りでもしてたのか?」
    「か・・・神田正輝?お前、人の嫁を!」  「なんだジョージ、かってに神田さんをロリコンにしやがって」
    「久本さん・・・」  内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:ロード 2番:ロード~第二章 3番:ロード~第三章 4番:ロード~第4章 5番:届くことのない手紙 ロード~五章 6番:12月のワインディングロード ロード~六章 7番:ロード7/13第七章 8番:ロード~第八章 9番:ロード~第九章
    暫時、唖然としていたジョージだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「売れる・・・!売れるんだ」
    中根からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    続きを読む


    1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)23:56:01 ID:3uB
    (*^◯^*) 「こんな大きな空に比べたらワイなんてちっぽけな存在なんだ!」
    (*^◯^*) 「なんか野球で勝っただの負けただのアホくさくなったんだ!」

    その頃の相手「勝ったンゴwwwwwwww優勝に近づいたンゴwwwwwww」
    その頃の相手「ンゴオオオオオオオオオオオオオwwwwwwwwww」

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ