1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)13:29:16 ID:7WI
    ワイ将25歳「ばあちゃんの煮物また食べたいなあ・・・なんであの時あんな事言ったんやろ・・・

    ごめんな、ごめんな・・・ばあちゃん・・・」

    みんなもじいちゃんばあちゃんが元気なうちに孝行してやるんやで・・・

    続きを読む


    1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/04(火)23:10:11 ID:CDW
    緑色の液体が詰まったガラス管の中で、自由意思すら許されず生命活動を続けてきた男気クローン田。ようやく解放された彼を待っていたのは、彼の健康な右腓骨筋腱と右肩をオリジナル移植するだけの存在という驚愕の事実だった。その目は悲しみの涙で赤くはれ上がっていた。

    抵抗も功を成さず手術室に通されたクローン田の前に、オリジナルが現れた。彼は「ファンが待っている」「俺は野球を続けなければならない」「すまない」と発言。
    これにクローン田「あなたはメジャーの景色もカープの景色も知っているだろうが俺は緑色の世界しか知らない」「俺は神を冒涜する個体。移植が終わったら処分されるだろう」「死にたくない」と返答。
    これに黒田、大粒の涙を流し、自力でリハビリすることを約束すると、手術室を去った。しかし彼が解放されることはなく、次の登板まで緑色の世界に戻ることに。その運命の重みに耐えきれず、手元に合ったメスで自らの喉を掻っ切り無事死亡した。

    この件についてダイジョーブ博士(不明)は「(科学ノ発展ニ犠牲ハツキモノナノハ)結果論デース」とコメント。
    なおクローン田が死んでも代わりはまだまだいる模様。

    続きを読む


    1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)14:30:01 ID:3eR

    空気砲の334倍の威力をもつ男気死球でセリーグの打者をなぎ倒すのはご存知男気黒田
    オフの日に娘気黒田と青狸を見たことにより、彼の目はひらりマントよりも赤く燃え上がった
    すぐさまフロントドアを使いのび家へ飛ぶと青狸に対し
    「のび太を助けすぎではないのか」
    「子供に解決策を教えず、その場凌ぎでおもちゃに頼り解決させるのは如何なものか」
    と男気を説くが
    「ファンは助けを求めてるのに助けられてないじゃないか」
    「クロえもんは優秀なのに現実のクロえもんは無能だな」
    と反論
    これに大激怒した黒田は通りかかったのび太を人質に取ろうと恫喝するも空気ピストルにやられ死亡
    これについて独裁スイッチ(46)は「(なかなかジャイアン(ツ)に勝てないのは)結果論」とコメント
    なお、エースキャップは広島にはない模様

    続きを読む


    1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)01:27:07 ID:C9M
    貧しい国から裕福な国、寒い国から暑い国などどこでも弾丸を発射するのはご存知男気AK47。
    今日もいつも通り自慢の7.62mm弾を連射していると聞こえた「47もそろそろ更新だな」の声に、彼の目はオーバーヒートしたバレルよりも赤く燃え上がった。
    部屋のドアノブというドアノブを吹き飛ばすと「あんな若造に後は任せられない」「殺傷力は俺の方が上だ」などと男気を説くも、「74ももう40年目」「人体への殺傷力は74の方が上」と反論され激怒、自慢の7.62mm弾を叩き込もうとするもさっさと廃棄処分され無事死亡した。
    これについて不発弾(46)は「(壊れにくいのは)結果論。」とコメントした。
    なお発展途上国では現役の模様。

    続きを読む


    1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)07:43:09 ID:Ged
    指先の感覚を鍛えるために弾き語りを始めたが、Fでつまずき怒りをあらわにするアコギ黒田。
    そんな中フジロックをはじめとする夏フェスが大盛況と聞くと、藤浪と聞き間違えた黒田の目は会場の熱気より熱く燃え上がった。
    早速とあるフェスに殴り込みをかけた黒田。仮設トイレのドアというドアを破壊しながらステージへ駆け上がると、
    「男ならエフェクターなど使わずギター一本で語れ」「アメリカに渡って世界の舞台で勝負してみろ」とCコードをかき鳴らしながら男気を説く。
    さらにはオーディエンスに対しても「ここよりもマツダスタジアムに行くほうが安くて楽しい」と150キロでピックを投げ込むも、
    「ロック魂と恫喝は別物」「お前結局日本に戻ってきただろ」「ビジターファンは締め出されるじゃねえか」とブーイング。
    しかしこの男気に感銘を受けた男がいた。会場にいた清原の友達(58)だ。本気で生きている男同士ガッチリと固い握手を交わしたが、
    興奮した彼がセイヤセイヤと繰り出した正拳突きと独特の回し蹴りを食らい黒田は無事死亡した。
    この件についてお前が舵をとるな(46)は、「(野球でも音楽でもフォークが流行らなくなったのは)結果論」とコメントした。
    なお、次回のマツダでの登板でもREDにのって颯爽と登場する模様。

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ