1: 名無しさん@おーぷん 2016/06/18(土)18:00:46 ID:b1d
    敵地、マツダスタジアムで迎えた広島戦
    守護神平野が大量失点、チームも2日連続のサヨナラ負けだった
    スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今日のポンタは全裸だな」の声
    無言で帰り始める選手達の中、人気マスコットのバファローズポンタは独りベンチで泣いていた
    ツイッターで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
    それを今のオリックスで得ることは殆ど不可能と言ってよかった
    「どうすりゃいいんだ・・・」バファローズポンタは悔し涙を流し続けた
    どれくらい経ったろうか、バファローズポンタははっと目覚めた
    どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
    「やれやれ、帰って全裸にならなくっちゃな」バファローズポンタは苦笑しながら呟いた
    立ち上がって伸びをした時、バファローズポンタはふと気付いた

    「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
    ベンチから飛び出したバファローズポンタが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
    千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにソフトバンクの応援歌が響いていた
    どういうことか分からずに呆然とするバファローズポンタの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
    「アツオー!!!」声の方に振り返ったバファローズポンタは目を疑った
    「ま・・・松田さん?」  「なんだポンタ、居眠りでもしてたのか?」
    「や・・・柳田さん?ここはオリックスのベンチでは?」  「なんだポンタ、お前も俺もソフトバンク生え抜きだろ?」
    「アゴ・・・」  バファローズポンタは半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
    1番:今宮 2番:城所 3番:柳田 4番:内川 5番:松田 6番:中村 7番:鶴岡 8番:牧原 9番:千賀
    暫時、唖然としていたバファローズポンタだったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
    「勝てる・・・勝てるんだ!」
    ハリーホークからソフトバンクの帽子を受け取り、グラウンドへ全力疾走するソフトバンクポンタ、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

    翌日、ベンチで冷たくなっている全裸のバファローズポンタが発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

    引用元: バファローズポンタ「どうすりゃいいんだ・・・」

    続きを読む


    1: 名無しさん@おーぷん 2016/06/18(土)15:11:48 ID:xAb
    no title

    ┏━━━━━━━┓
    ┃  / \  ┃
    ┃ /   \ ┃
    ┃ (゚)(゚)ミ┃
    ┃ 丿    ミ┃
    ┃ つ  (  ┃
    ┃  ) (  ┃
    ┗━━━━━━━┛
    no title

    ┏━━━━━━━┓
    ┃  / \  ┃
    ┃ /   \ ┃
    ┃ (゚)(゚)ミ┃
    ┃ 丿    ミ┃
    ┃ つ  (  ┃
    ┃  ) (  ┃
    ┗━━━━━━━┛

    引用元: 彡(^)(^)「イカスミコロッケ?うまそうやんけ!おっちゃん1個頼むわ!」

    続きを読む


    1: 名無しさん@おーぷん 2016/06/18(土)07:58:15 ID:jC6
    (o'ω'n)「ああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! )」

    カレー鑑定士「うーん、これもカレー!w」


    彡(゚)(゚)「ああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! )」

    カレー鑑定士「これはう○こ」

    引用元: カレー鑑定士「うーん、これはカレー!w」

    続きを読む



    1: 名無しさん@おーぷん 2016/06/18(土)08:38:51 ID:a7M
    サラダ軍は、以下の選手に戦力外通告を行いました。

    ポテトサラダ遊撃手
    シーザーサラダ投手
    マカロニサラダ二塁手

    また、以下の選手と契約したことをこの場を借りて発表いたします

    サラダ油遊撃手

    引用元: サラダ軍戦力外通告のお知らせ

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ